2007年5月2日(水)
復活してくれてありがとう!
まず、河原投手の右ひざ十字靭帯の手術や入院を担当してくださった
医師・看護師の方々、リハビリに携わってくださったトレーナーやコーチの方々
今日こうして
河原投手が一軍で投げることが出来たのは皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。


結果はあとアウト1つの所で、掴みかけていた勝利がするりと指の間を抜けて行って
しまいましたね。
2ストライクまで追い込みながらも甘くなってしまったラロッカへの最後のフォークが
悔やまれます。

しかし収穫もたくさんありました。
まず
四死球が0!これは素晴らしい!
ファームでは四死球が多すぎたので心配してましたが、取り越し苦労でしたね。

そして
テンポが良かった!
最初は攻撃時間が長かったせいもありますが、テンポが良すぎて守備の時間が
あまりにも短いので、ちょっと物足りなさを感じたくらいでした。

そして何より嬉しかったのは、
河原投手の復帰を歓迎する球場の雰囲気や
チームメート達の打撃・守備での援護。
ファンと選手が一丸となって
『河原に勝ちを付けてあげよう』としてくれてましたね。
移籍してきた選手なのに、こんなにも暖かく迎えてもらって、本当にありがたい事です。



今回は9連戦で投手が足りないので急遽呼ばれた形でした。
河原投手「まだ100%ではない」とコメントしていたようですし、嬉しいけど、正直まだ
早いんじゃないかと思っていたファンの方も多かったと思います。

やはりケガした部分が足ですから、落ちた下半身の筋肉や感覚を完全に元に戻すには
相当な時間がかかるはずです。
投手のコントロールというのは下半身が重要になってくるので、今季二軍で四死球が
異常に多かったのも、下半身の感覚が戻っていなかったせいでもあるのかもしれません。

5回に連打を浴びた時は、ほとんどが
細川の低目への要求に対して高めもしくは
真ん中に上ずったものでした。
これも久しぶりの一軍マウンドで予想以上に下半身に疲労が溜まった結果からでは
ないでしょうか。

それでも4回までは十分合格点を上げてもいい内容でしたよね。
完璧じゃなくてもあのくらいのピッチングが出来るわけですから、これから二軍で
投げ込んでスタミナを付けさえすれば、まだまだ全然余裕で行けますよ!

ファンの皆さんも悲観的にならずに、これからの二軍での快投、そして一軍での
リベンジに期待しましょう!



河原投手、つらいリハビリを乗り越えて、ここまで復活してくれて
本当に、本当にありがとうございました。


2007年5月1日(火)
ついにこの日がやってきた!
パリーグ公式サイトより。



この名前をこのページで見ることが出来ただけで泣きそうになります。
あの2005年9月23日以来、実に586日ぶりの先発です!
本当に長かったですね~。

ケガからの復帰登板には強い河原投手。
明日も内角をグイグイ攻めて、スローカーブを有効に使い、無駄な四死球を
出さないようにすれば試合は作ってくれると思います。

さて、明日の対戦相手はオリックス・
川越
前回対戦時の成績は


4月6日 回数 打者 球数 安打 三振 四球 死球 失点 自責 防御率
川越 6 1/3 27 98 7 2 0 1 4 4 5.68


この時は7回に打線が爆発して負けを付けてますが、6回までは散発の4安打で
無得点に抑えられていたんですよね。
明日はなんとか早めに早めに援護していただけると大変助かりますm(_ _)m

復調気味の
カブレラ、河原さん登板の時は良く打ってくれる(イメージがある)ベンちゃん
ここ数試合神がかり的な活躍を見せる
細川と、このあたりに期待したいですね。

特に
細川はここ8試合で31打数15安打5打点打率.484と大爆発中。
現在、4打数1安打でも打率が下がる
.261です(笑)
今年から
伊東監督の背番号『27』を受け継ぎましたが、この番号に恥じない活躍を
見せてくれていますね。
明日もバッティングはもちろん、リード面でも河原さんの良い所を引き出して、
ぜひ勝利投手へと導いてくれ~!

あ、それから
涌井クン、今日はリリーフ陣を休ませてくれてありがとう。
リリーフ陣のみなさん、明日はよろしくお願いします(*^_^*)

inserted by FC2 system